○「 Web サービス」会員規約                   

                           (平成 18 年 10 月1日制定)

第1章  総則

第1条 (会員規約) この規約は、法律情報出版株式会社(以下「当社」といいます。)がインターネットを通じて提供する「Webサービス」(以下「本サービス」といいます。)を、第5条に規定する方法により会員となった者(以下「会員」といいます。)が利用する際の利用関係について定めたものであり、本サービスを利用するうえの一切について適用します。

第2条 (本規約の範囲) この規約のほか、本サービスへの表示若しくはパンフレット等によって周知する本サービスに係る取り決め事項(以下「取り決め事項等」といいます。)は、この規約の一部を構成するものとします。

2 この規約の定めと取り決め事項等の定めとが異なる場合には、取り決め事項等の定めを優先するものとします。

第3条 (本規約の変更) 当社は、会員の了承を得ることなく、この規約を変更することができるものとします。この場合に おいては 、本サービスの利用条件は変更後の規定によることとします。

2 変更後の規約は、当社が別に定める場合を除き、本サービス上に表示した時点から効力を生ずるものとします。

第4条 (会員への通知) 当社は、会員への通知事項について、本サービス上への表示その他当社が適当と判断する方法により、随時通知するものとします。

2 前項による通知のうち、本サービス上へ表示する方法によった場合の効力発生時期は、本サービス上への表示のときとします。

 

第2章  会員

第5条 (会員) 会員とは、当社に本サービスの利用を申し込み、当社がこれを承認した者をいいます。

2 会員は、当社が入会を承認した時点においてこの規約を承諾したものとみなします。

第6条 (入会の承認) 当社は、別に定める方法により入会申込みを受け付け、必要な審査・手続等を経た後に入会を承認するかどうかを決定します。

第7条 (入会の不承認) 当社は、入会申込者が次のいずれかに該当する場合には、入会を承認しないことがあります。

(1)入会申込者が実在しないとき。

(2)入会申込みをした時点において、この規約の違反等で会員資格を停止されているか、又は過去に除名等の処分を受けたことがあるとき。

(3)入会申込書の申告事項に虚偽記載、誤記又は記入漏れがあったとき。

(4)入会申込者が未成年者等であり、申込みの際に法定代理人、保佐人若しくは補助人の同意等を得ていなかったとき。

(5)当社の業務遂行上又は技術上支障があると認められるとき。

(6)入会申込者が利用料金等の支払いを怠るおそれがあると当社が判断したとき。

(7)その他当社が会員とすることを不適当と判断したとき。

2 当社は、承認後であっても、承認した会員が前項のいずれかに該当することが判明した場合、承認を取り消すことがあります。

第8条 (会員資格の譲渡の禁止等) 会員は、会員として有する権利を第三者に譲渡若しくは貸与し、又は質権の設定その他担保に供する等の行為はできないものとします。

第9条 (会員情報変更に関する届出義務) 会員は、住所、氏名等当社に届け出た事項に変更が生じた場合には、速やかに当社に届け出なければならないものとします。

2 前項の届出がなかったことにより会員が不利益を被ったとしても、当社は一切その責任を負いません。

第 10 条 (会員からの解約) 会員が本サービスの利用を解約する場合には、所定の方法により当社に届け出るものとします。なお、この場合において、当社がすでに受領した利用料等の払い戻しは一切行いません。

2 本条による解約の場合で、当該時点において会員に利用料その他債務の不履行ある場合の取り扱いは第4章の定めによるものとします。

第 11 条 (設備等) 会員は、本サービスを利用するうえで必要となる通信機器、ソフトウエア、その他これに付随して必要となる機器類を自己の費用と責任において整備するものとします。

2 会員は、自己の費用と責任において電気通信サービスに申し込み、本サービスに接続するものとします。

 

第3章  会員の義務

第 12 条 (ID及びパスワードの管理) 当社は、会員に対して本サービスの利用に必要な「利用者認識番号」(以下「ID」といいます。)及び パスワード(仮パスワード、本パスワードその他IDとの組み合わせにより個人認証を行うに足りる記号を含みます。以下この規約において同じ。) を別に定める方法により交付します。

2 会員は、自己のID及び パスワード 並びに個人認証を条件として本サービスを利用する権利を、当社が別に定める場合を除き、他者に使用させず、他者と共有せず、あるいは他者に使用許諾しないよう努めるとともに、ID及びパスワードの使用及び管理について一切の責任を負うものとします。

第 13 条 (自己責任の原則) 会員は、自己のIDにより本サービスを利用してなされた一切の行為及びその結果について、当該行為が自己によってなされたか否かを問わず、その責に任ずるものとします。

2 当社は、自己のID及びパスワードが他者に使用されることによって会員が被った被害について、当該会員の故意、過失の有無にかかわらず一切の責任を負いません。また、会員が、ID及びパスワードを失念し、又は盗まれた場合には、直ちに当社に申出るものとし、当社の指示に従うものとします。なお、当該ID及びパスワードによりなされた本サービスの利用は、当該会員によってなされたものとみなし、当該会員は利用料その他債務の一切を負担しなければならないものとします。

3 会員は、本サービスの利用により、当社又は第三者に損害を与えた場合(会員が、この規約の定めを履行しないことにより当社又は第三者が被った損害を含みます。)には、自己の責任と費用をもって損害を賠償するものとします。

第 14 条 (許諾範囲外の利用の禁止) 会員は、当社が認めた場合(当該情報に関して権利を持つ第三者がいる場合は、当社を通じて当該第三者の承諾を得ることを含みます。)を除き、本サービスを通じて入手したいかなるデータ、情報、ソフトウエア等(以下「データ等」といいます。)を、著作権法が認める私的利用の範囲を超えて複製、頒布、出版等のために使用することはできないものとします。また、同様の行為を第三者にさせることも同じとします 。

第 15 条 (営業活動等の禁止) 会員は、本サービスを利用して営業活動を行い、又は営利を目的とした利用及びその準備を目的とした利用(以下「営業活動等」といいます。)をすることは できないものとします 。

第 16 条 (その他の禁止事項) 前2条に定めるほか、会員は本サービス上において次の行為を行うことはできないものとします。

(1)当社若しくは第三者の著作権等の知的財産権を侵害する行為、又は侵害するおそれのある行為。

(2)第三者の財産、プライバシー若しくは肖像権を侵害し、又は侵害するおそれのある行為。

(3)第三者を差別若しくは誹謗中傷し、又は名誉若しくは信用を著しく傷つける行為。

(4)詐欺等の犯罪を構成し、若しくは構成するおそれのある行為。

(5)本サービスによりアクセス可能な当社又は第三者の情報を改ざん又は消去する行為。

(6)第三者になりすまして本サービスを利用する行為。

(7)有害なコンピュータプログラム等を送信し、又は第三者が受信可能な状態にする行為。

(8)前各号のほか、法令、この規約若しくは公序良俗に違反する行為のほか、本サービスの運営を妨害する行為、若しくは当社の財産を侵害する行為又は当社又は第三者に不利益を与える行為。

 

第4章  利用料等の支払い

第 17 条 (契約期間) 本サービスの契約期間は、当社が会員に対し会員資格の付与を通知した日から起算して1年間とします。ただし、契約満了の1か月前までに、当社又は会員から、相手方に対し、書面による別段の意思表示がなされない限り、契約期間は自動的に更新され、さらに1年間継続するものとし、その後も同様とします。

第 18 条 (サービス利用料) 本サービスの利用料その他の料金は、当社が別途定めるとおりとします。

第 19 条 (利用料等の支払い) 会員は、利用料その他の料金を当社が定める方法により期日までに支払うものとします。

第 20 条 (遅延損害金) 会員が、利用料その他の料金の支払を遅滞した場合は、支払うべき金額に対し、支払期日の翌日から支払い済みに至るまで年 14.5 %の割合(1年を 365 日とする日割計算)によって算出される金額を遅延損害金として支払わなければならないものとします。

 

第5章  本サービスの運営方法

第 21 条 (サービス内容の変更等) 当社は、会員への事前の通知なくして、サービスの内容等を変更できるものとします。

第 22 条 (サービスの停止及び終了) 当社は、次の各号のいずれかの事由が生じた場合には、会員に事前の通告をすることなく、サービスの停止を行うことがあります。

(1)サービス用設備等の保守・点検を定期又は緊急に行う場合。

(2)火災、停電等によりサービスの提供ができない場合。

(3)地震、噴火、洪水又は津波等の天災地変、若しくは戦争、動乱、暴動、騒乱又は争議行為等によりサービスの提供ができない場合。

(4)運用上又は技術上の観点から当社がサービスの一時的な中止、中断が必要と判断した場合。

(5)前各号のほか、当社がやむを得ないと判断する事由が生じた場合。

2 当社は、業務上又は技術上の理由により本サービスを終了することがあります。この場合には、サービス終了の3か月前までに、会員に本サービス上において通知するものとします。

3 当社は、前2項の手続を履行することにより、本サービスの中断又は中止に起因して会員が被った損害については一切責任を負わないものとし、本サービスを利用できないことに起因する利用料等の減額、返金等についても一切応じないものとします。

第 23 条 ( 免責条項) 当社は、会員が、本サービスを利用することによって得た情報等に対する瑕疵担保責任は一切これを負わないものとします。

2 当社は、会員の本サービスの利用に起因する逸失利益、及び第三者から会員に対してなされた損害賠償請求に基づく損害を含むいかなる損害についても、一切その責を負わないものとします。

3 当社は、本サービスの提供に当たっては細心の注意を払って作業するものとしますが、会員が被った作業の過程での誤記、誤字等に起因する損害については、一切その責を負わないものとします。

第 24 条 (会員資格の停止) 当社は、会員が次の各号のいずれかに該当する場合には、当該会員に対しなんら通知又は催告することなしに、ID等の使用を停止し、又は除名することができるものとします。

(1) 第7条第1項各号のいずれかに該当することが判明したとき。

(2) 第8条、第 14 条から第 16 条までの規定に違反したとき。

(3) 本サービスの利用料等の支払いが遅延し、又はこれを拒否したとき。

(4) 支払い停止又は支払い不能となったとき。

(5) 手形、小切手が不渡りとなったとき。

(6) 差押、仮差押又は仮処分、若しくは競売の申立があったとき。

(7) 会社整理、会社更生手続又は民事再生手続の開始申立があったとき。

(8) 会社の解散又は営業の全部若しくは重要な一部を第三者に譲渡しようとしたとき。

(9) 破産の申立があったとき。

( 10 ) 成年後見の開始、保佐開始、補助開始の審判があったとき。

( 11 ) 資産・信用又は事業に重大な変化が生じ、この規約に定める債務の履行が困難になるおそれがあると認められるとき。

( 12 ) 当社又は本サービスの名誉、信用を著しく毀損したとき。

( 13 ) その他当社が会員として相応しくないと判断したとき。

2 会員が、前項各号のいずれかに該当することで当社が損害を被った場合には、当社は、当該会員の除名又はIDの一時停止等処分の有無にかかわらず一切の損害の賠償を請求できるものとします。

 

第6章  個人情報・知的財産権

第 25 条 (個人情報の保護) 当社は、会員の個人情報(以下「個人情報」といいます。)について、「個人情報の取り扱いに対する基本的な考え方」に従って的確、安全に管理するほか、法の趣旨に則り、確実に取り扱うものとします。

2 当社は、提供を受けた個人情報について、会員から許諾を受けた場合又は法律上の強制の処分が行われた場合を除き、本サービスの提供及び本サービスの提供に付随して行う通知・請求等の当社内業務に利用するほかは、第三者等に開示、提供しないものとします。

第 26 条 (知的財産権の帰属) 本サービスで提供する各コンテンツのうち、特に表示のないものの著作権その他一切の権利は当社に帰属 するものと します。また、各コンテンツの集合体としての本サービスの著作権その他一切の権利も当社に帰属 するものと します。

2 会員は、本サービスを利用することから得られる情報のすべてについて、当社若しくは当該情報の権利者の事前の承諾を得ることなく、会員自らの私的利用以外の目的でこれを複製し、頒布し、又は出版等のために使用することはできないものとします 。また、同様の行為を第三者にさせることも同じとします 。

 

第7章  その他

第 27 条 (合意管轄) この規約に関する会員及び当社間の訴訟については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

 

第 28 条 (準拠法) この規約の成立及び準拠法は、日本法とします。

 

附 則

 この規約は、平成 18 年 10 月1日から適用します。